電話加入権が暮らしを照らす|電話回線で質の良い暮らしを送ろう

男の人

機械の問題の解決

電子機器

携帯電話のレンタルサービスについては、専門業者が行っているものとなります。携帯電話の型を選ぶということも出来ませんのでその辺りについては割りきってサービスの利用をするということが必要なことになります。

More...

お得な使い方

通話

任意加入で価格も低下

電話加入権は、電話網整備のための資金を加入者に資金を負担してもらう施設設置負担金を支払った人に与えられる権利です。戦後に電信柱や電話線などのインフラを整備において、加入希望者の増加に対し資金が追いつかなかったため、加入者に負担の一部を求めたものです。よって、以前は、電話加入には必ず負担する必要がありましたが、電話網が整備された現在では、任意の加入であり、当初72,000円あった電話加入権も2005年から36,000円に値下げされました。現在は、電話加入権は購入しないで毎月の基本料金が数百円高めに設定される加入方式で電話を導入する人が多くなっています。電話加入権は、買い取りは行っておらず、解約時は加入権が単に消滅してしまいます。

中古で購入がお得

現在、電話は携帯電話が主流となり、固定電話へ加入する人は少なくなりましたが、インターネット接続のためにADSLを引く時は、固定電話回線が必要です。電話加入権は、値下がりしても実質価値が低い中で36,000円と負担は大きく、固定電話がない場合でADSLを引く場合は、ほとんどの人が基本料金が割高になる形態で契約しています。実は、電話加入権は譲渡や売買が可能で、電話加入権の任意化と値下げに伴って、中古市場価格は大きく下落して、現在は3,000円前後で購入できます。電話加入権が3,000円程度で購入できるのであれば、購入しても毎月の基本料金が下がり、約1年で元が取れる事例もあります。1年以上の長期間ADSLを利用するのであれば、電話加入権を購入したほうが得となる場合があります。また、電話回線の選び方も大切なので、暮らしの質を高める為にも考えていきましょう。

重要な権利

ネットワーク

電話回線に加入する権利の事を、電話加入権と言います。今では当たり前に電話が使用されていますが、それを実現しているのはこの権利を獲得しているからだと言えるでしょう。

More...

加入の際には注意

電話

電話番号は始めから決まっている事が多いので、その電話番号で電話機を設置するのが一般的です。施設設置負担金は約4万程です。しっかりと支払い、電話機を設置しましょう。

More...

子供に持たしても安心!最新のキッズスマホ