重要な権利|電話加入権が暮らしを照らす|電話回線で質の良い暮らしを送ろう

電話加入権が暮らしを照らす|電話回線で質の良い暮らしを送ろう

ウーマン

重要な権利

ネットワーク

電話加入権と価格について

電話加入権は、電話回線に加入する権利のことで、日本ではNTT東日本・西日本が提供している電話回線への加入する権利を指すものです。電話加入権の歴史としては、1897年に加入登記料制度が実施されたことがはじまりとされます。この当時は電話を自由に敷くといったことが出来なかったため、一般庶民にとっては電話加入権はそれほど身近な存在ではありませんでしたが、1952年に電信電話公社が発足し、そこで電話設備費負担金制度が実施されるようになります。電話設備負担金制度のちに設備料と改められ、一般には電話加入権として知られるようになります。その後、1989年に施設設置負担金に名称変更され1976年の8万円を最高値に、2005年からは37800円となっています。

加入権を利用するメリット

電話加入権は、あくまでも電話回線に加入できる権利であり、また設備を用意するための負担金という性質のものでしたが、実際には債権として取り扱われるようになり売買の対象となっています。中古の電話加入権は定価よりも低い値段で売買されるため、中古で購入することで加入料を抑えることが可能です。しかし、現在ではIP電話などの従来の電話方式以外の通話方法も普及するなど、その価値はかなり減っています。一方で、新たに加入する側から見てみればNTTから直接、電話加入権を購入するよりも中古の電話加入権を購入する方が安く電話に加入できるメリットがあります。またNTTでは電話加入権が不要で電話が利用できるサービスも実施していますが、電話加入権を利用して加入するのに比べて料金が割高に設定されています。